MDからCDにダビングする方法まとめ

MDからCDにダビングする方法まとめ

MDは過去のメディアとなってしまいました。そこで当サイトでは、MDからCDにダビングする方法について記載していきます。方法は2つあります。

・自分でダビングする
・ダビングサービスを利用する

「面倒でも自分でやってやるぞ!」という方は当サイトを参照下さい。
面倒だという方は
MDからCDへのダビングサービスをご利用下さい。
最大手さんですし、安価で信頼性は一番かと思います。

ご自分でダビングする場合は、MDコンポとCDレコーダーが必要になります。
CDレコーダーはちょっと高くつきます、4万5000円ぐらいでしょうか。手順としましては、まず、MDコンポの背面をご覧下さい。そうするとLINE OUTという文字があり、その横に赤色と黄色の端子がついていますね。これはMDの音声を外部へ送り出す役目をしております。音声ケーブルを接続し、音を送り出すわけです。そしてその音をレコーディング機材が音声を受け取るわけです。

そこでレコーディング機材の背面をご覧下さい。LINE INという文字の横に赤色と黄色の端子がありますね。ここに音声ケーブルを接続し、音声を受け取るわけです。では詳しい接続手順を見ていきましょう。

まず、MDコンポのLINE OUTの赤色・黄色の端子に音声ケーブルを差込みます。次にレコーディング機のLINE INの赤色・黄色の端子に音声ケーブルを差し込んでください。次にレコーディング機側を録音状態にします。そして最後にMDコンポを再生状態にして下さい。これでMDからCDへのダビングが始まりました。一部分だけダビングしたいときは終了したい箇所でSTOPを押して下さい。

以上がMDコンポを用いたダビング方法なのですが、もっと簡単で高音質な方法もあります。USBダビング対応のMDウォークマンを用いる方法です。この方法でしたら時間もかからず高速ダビングできますし、ほとんど音質の劣化がありません。
MZ-RH1というUSB接続対応のMDを購入し、Xアプリというソフトをインストールし、取り込みボタンを押せば自動でサクサク取り込みが可能です。ただ、このMDウォークマンは生産が終了しており、中古でも6万ぐらいはします。

参考文献一覧
MDをCDへのダビング方法、MDからCDへダビングする方法、MDからCDへ焼く方法、MDからCD

↑ PAGE TOP